So-net無料ブログ作成
検索選択

頓服のデパス0.5mgを一番効く良いタイミングで使う。 [反復性うつ病・精神薬]

頓服でデパス0.5mgが処方されていますが、こいつが曲者です。効いてほしいときになかなか効いてくれません。0.5mgは少ない量みたいですので、しょうがないかもしれません。ですが、他の頓服を色々試してみた結果、どの頓服も望むような効果は得られませんでした。


基本的に頓服は「症状が酷くなったとき」に使うものだと認識されていると思います。ただ、私の経験上症状が酷くなったときに飲んでも効果がありません。酷くなる前の兆候が見られたときに飲むのが一番効果が実感できる気がします。


なかなか症状が酷くなる前の兆候をつかむのは難しいものです。気づいたときには辛くなっていて、飲むのが遅いというのが常です。


なので「頓服を飲む一番良いタイミングはいつか」と考えたときに、私の場合、早朝だということに気がつきました。


朝に少しでも「体調が悪いな」もしくは「いまひとつだな」と思った瞬間に頓服のデパスを飲みます。薬は空腹時が一番効くものなので、理にかなっています。そして体調は、朝のイメージを一日中引きずってしまうものです。朝体調が悪いと、そのイメージが頭から離れなくて、一日中体調が悪いことが多いです。なので私は特に”朝”の体調を重要視するようにしています。


最近の私の症状は、朝早く...というか真夜中に目が覚めてしまいます。そしてそれ以降落ち着いて布団で横になっていることが困難な状態です。布団に入っているとソワソワしてしまい、起き上がらずにはいられません。筋肉が緊張しているのが自分でもわかるくらい調子の悪い時間帯です。なので、そういう視点で見ても朝に頓服を飲むのは理にかなっているのかもしれません。


私の場合は早朝に体調が悪くなることが多いですが、人によって体調が悪くなる時間帯が異なってくると思います。日記などで記録して、体調の悪くなる時間帯を掴み、その時間になる前に頓服を飲むというのが一番良い頓服の飲み方だと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。