So-net無料ブログ作成
検索選択

デパケンR200mgから400mgへ増量して体調が改善。...それまでの診察の経緯や雑感 [反復性うつ病・精神薬]

大分更新の間隔が空きました。これまでの体調の推移などを書いていこうと思います。

前回の記事
睡眠薬は眠るためだけの薬ではない。精神安定の効果もある。

で、睡眠薬を飲んでからイライラが収まってきました。でも、どうしてもデイケアなどのない日は「何をして一日を過ごせばいいのか」などを漠然とずーっと考え続けてしまったり、急に気分が落ち込んでしまいとても辛い思いをしました。そして、急に気分が悪くなって、自分でも訳が分からなくなるほどつらくなってしまうときが多々ありました。そのようなときのために、頓服が欲しいと思いました。


そのことを次の診察時に先生に伝えてみました。ですが、特に薬の変更はなかったです。「休みの日にほかに行くような場所を探してみてはどうか」という提案だけでした。


少し考えればわかるのですが、今までの薬の分量で徐々に体調が良くなってきています。先生としてはこのままで様子を見たいのが定石な考え方だと思います。変に頓服を増やしてしまって、体調が悪化するリスクを考えるとそうなります。...まぁ、当事者としては辛いのですがね。


そして、診察後数日間は体調が悪かったのですが、また、徐々に良くなってきました。体調の波がすごく激しいです。徐々に良くなってきたおかげで、デイケアへ参加することが苦痛とまではいかなくなり、コンスタントに通えるようになりました。


今までお酒を飲むと体調が悪くなることが多かったので飲まなかったのですが、体調が悪いとき(診察後数日間)にどうしても抑えきれなくなり、飲んでしまいました。...が、お酒を飲んでも体調は悪化せずに、逆に次の日から良くなってきました。今までお酒が原因かと思っていましたが、どうも違うようです。


診察時に先生は困惑していました。体調が悪くなる原因がわからないとのことです。双極性障害にしては、気分や体調の波の変化の周期が早すぎるとのことです。今のかかりつけの先生は「分からないことは分からない」と素直に伝えてくれることがとても良いと思います。どうしてもほかの医者はプライドが邪魔してか、患者に嫌われたくないのか、答えを濁したりすることが多いです。その点だけでも今の先生に変えて良かったと思います。


気分や体調の波を安定させるために、デパケンRの増量が決まりました。今まで寝る前にデパケンR200mgだったのですが、400mgに変更になりました。一日に1200mg飲んでいる人も居らっしゃるようなので、多い量ではないとのことでした。少し悩みましたが、試してみることにしました。


結果的には成功しました。気分の落ち着きが驚くように現れて、デイケアが休日の日でもソワソワしません。穏やかに時を過ごせます。また、集中力や体力も少しずつながらも出てきました。


お酒も先生によって考え方が全然違うようですが、今の先生は、楽しめる範囲での飲酒は許容してくれます。逆に、まったく飲んではいけないとおっしゃる先生も居るようです。一つ注意を受けたのが、つらい気持ちを紛らわせるために深酒することは絶対やめてほしいとのことです。そういう習慣は、圧倒的にアルコール依存になる可能性が高まるらしいです。その点に気を付けて、私は夕食後の楽しみとして、気分を穏やかにして楽しく飲んでいます。お酒の量も増えていません。


数年前では考えられないほど体調が回復してきました。...ただ、人間とは欲深いもので、もっと集中力・体力が欲しいと思ってしまいます。まぁ、しょうがないですよね。焦りは禁物です。このペースで徐々に訓練をしていって、集中力・体力を健常な方と遜色のないくらいまでに持っていきたいです。


あぁ、でも、集中してオーバーウォッチプレイしたいなぁ(笑)

---今処方されている薬---

・デパス1mg


・デパス1mg


・デパス1mg

寝る前
・デパケンR400mg
・ロゼレム錠8mg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。