So-net無料ブログ作成
検索選択

認知行動療法を行うことになった。短期的な体調悪化に左右されずに、長期的な判断をする。 [反復性うつ病・精神薬]

昨日は三週間の間を挟んでの診察でした。それまでの体調の経緯や、今回の診察について考えたことなどを書いていこうと思います。


---[体調の経過]---
前回の診察でデパケンRが800mgに増量しました。増量してからも眠気やだるさなどの副作用がでることもなく、焦燥感が少なくなるなどの体調の回復が見られました。診察後二週間ほどは、わりと体調が良い日が続きました。

ただ、二週間ほど経ったある日のデイケアにて必要以上に他人に気を使いすぎることがありました。その結果、とてもとても疲れてしまい、ぐったりしてしまいました。その後は睡眠のリズムが不規則になってしまったり、午前中(特に朝)の焦燥感が強く出てしまったり、毎日ではないですが一日中ボーッとしてしまう日があったりしました。とても疲れやすくなってしまい、お風呂にも入れずに18:00ごろには寝てしまい、深夜の1:00,2:00に目が覚めてしまうことが増えてしまいました。その起床のときも焦燥感が強く、布団でじっとしていられずに飛び起きて、意欲が出ない中必死に活動して、朝にはクタクタに疲れてしまう悪いパターンに入ってしまいました。

その出来事自体がすべての原因かどうかはわかりませんが、前回の診察で先生から「対人関係のストレスの原因を探ってほしい」との助言があったのでしっかりとメモをとり、次回の診察時の報告に備えました。

まとめると、
「最初の二週間は良かったが、対人関係のストレス(そのせいだけではないかもしれいけど...)が尾を引いて、最後の一週間は体調が悪化してしまった」
という感じでした。
---[体調の経過終わり]---


---[診察の感想]---
前回の診察時にて先生が仰った”対人関係のストレスの把握”を意識していたので、先生に伝えることが出来ました。”必要以上に他人に気を使いすぎることは、体調悪化のトリガーとなる”ことが自分で把握出来たことはとても大きな収穫でした。お酒を飲むことが体調悪化のトリガーになるということも”今の”先生のお陰でわかったことなので、先生には足を向けて眠れません。感謝です。

...ただ、他人に気を使いすぎることで体調が悪化するということが分かっても、対処法が全く見当もつきません。他人に気を使ってしまう状況はこれからも必ず発生するので、避けて通れるわけでもありません。先生からの提案で、「認知行動療法を試してみると良いかもしれない」とのことでした。

以前の私だったら行うことに抵抗があったと思いますが、徐々に意識も変わってきていて、出来ることならなんでも挑戦してみようという価値観に変わりました。多少の不安はありますが、お願いすることにしました。一時間の認知行動療法を一週間に必ず一回。曜日は固定。それを4ヶ月続けるとのことです。想像しただけでクタクタになってしまいます。...が、頑張って挑戦しようと思っています。予約の段階なので始まるまでに少しの期間があります。それまでに外出する体力をつけられれば良いかなとも思っています。

後の一週間の体調の悪さが気にかかっていたのですが、先生の客観的な意見だと「デパケンRが効いてきている。体調は改善傾向である。もう少しデパケンRを増やしてみてもいいのでは?」とのことでした。私も同意見で、デパケンRを増やしてみたいと思っていたので嬉しかったです。

父や母などは、ボーっとした日があったことから、薬が増えることに心配や意外性を感じていたようです。ですが、短期的な体調の変動に左右されてしまうと、大局的な判断が鈍ります。特に精神病/身体のことなので短期間ではなく、長期的に考えることが重要です。私も当事者、かつ、長い期間をかけてそのような考え方になったので、家族の考える事も理解できますが、デパケンRの増量は良い判断だったと思います。長期的な判断が出来る”今の”先生はやはり信頼が置けます。なのでデパケンRが800mgから1000mgへと増量しました。
---[診察の感想終わり]---


デパケンRが増量して一日後にこの記事を書いているのですが、体調が明らかに良くなりました。そんなにすぐに効力が出る薬ではないようなのですが、私としては緊張の緩和・焦燥感の改善・疲れやすさの改善がわかります。この調子を維持していきたいと思っています。


さて、次回の診察までの課題は

「現状の体調を維持・改善していくこと」
「どんなときにストレスを感じるのか、体調が悪化するのかを把握すること」
「認知行動療法のために高頻度で病院に通うことになるので、そのための体力づくり」
「もしできるなら、勉強やwebサイト作成などを行い、思考力・集中力の訓練」

という感じです。毎度毎度書いているのですが、焦らずじっくり治していきたいと思います。


---現在処方されている薬---

・デパス1mg


・デパス1mg


・デパス1mg

寝る前
・デパケンR1000mg
・ロゼレム錠8mg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0