So-net無料ブログ作成

長年難しかったデパケンRとデパスの減薬に成功。集中力が改善。 [反復性うつ病・精神薬]

昨日診察があったので、それに伴う感想や体調の経緯などを書き出していこうと思います。


---デパケンRとデパス減薬の影響---

前回の診察にてデパケンRが1000mgから800mgへ減薬になりました。最初の一週間ほどは体調が悪かったです。気分の不安定化もありましたが、特に体の緊張が一番つらかったですね。肩こりや肩甲骨周りが固まってしまい、気持ち悪くなりました。ただ体が慣れてくると緊張も少しずつ良くなり、集中力が改善してきました。デパケンRは気分を穏やかにする役割があります。それは逆を言うと、ボーっとしやすく集中力が出づらくなるという欠点があります。デパケンRが少なくなったことによって集中力が向上したのだと思います。慣れるまで大変でしたが、集中力が出てきたのは嬉しいです。


デパケンRが減ったのにかかわらず、ボーッとすることや眠気が出てしまうことが増えてきました。季節的な問題もあると思いますが、以前ほどの焦燥感がない点などから、体調が回復しているのにともなって気分を穏やかにする薬の影響が大きく出ていると判断しました。


先生からデパスの調整をしても良いと言われているので、昼のデパスを1mgから0.5mgへ減らしてみました。以前にも何回か試してみては失敗してきたデパスの減薬。不安でしたが、今回は成功しました。やはり最初の数日間は吐き気や体の緊張がありましたが、今回は前ほど酷くはなく、徐々に体に慣れていきました。


結果としてはより集中力が改善してきました。なかなか難しかった減薬が徐々に出来つつあることを考えると、かなり体調が良くなっていることがわかります。嬉しいです。


---就労移行へついての悩み---

前回の記事で”就労移行を考える”とのことでしたが、減薬の影響が大きく、そこまで考える余力はなかったです。


少し余力が出てきた今となって少しずつ考えるようになりましたが、なかなか難しいですね。作業所へ通うとしても、正直大した作業・仕事をするわけじゃないです。言っちゃ悪いですが、誰でも出来る単純作業です。「作業所へ毎日通い、ある程度の負荷に慣れていく」という考え方をすると、悪くないとは思います。


ただそれをするならば、自力でアフィリエイトするほうがよほど金銭的にもPCのスキル的にも成長できると思うのですよ。しかしながら毎日コンスタントにアフィリエイトする思考力・集中力があるかどうかを聞かれると無理だと即答出来ますし...なんだかなぁ...そんなんで悶々としています。難しいです。


まぁ、とりあえずは、週二日デイケアへ通いながら出来るときにアフィエイトをしようと思います。いいんじゃないかな、それで。そんな気がします。


---出来るようになったが故の疲れ(ゲーム)。それの対処法---

集中力が出てきたことによって、念願だったゲームを長時間できるようになりました。オーバーウッチや最近だとdestiny2を長時間プレイしています。一度やり始めてしまうと、どうしても長時間プレイしてしまい疲れが出てしまいます。それが翌日にも残ってしまうのですよね。


それで体調を崩していたら元も子もないので、ゲームを適切な時間で留める対処法を考えなくては。


・・・
・・



まぁ、「ゲームを長時間できて、それで困っているなんて贅沢な悩みが出来る」とプラスに考えましょう。念願だった減薬にも成功していますし、確実に体調回復しています。あせんなよー、自分。


---薬---


・デパス1mg(0.5mg×2)


・デパス0.5mg(一応0.5mg×2処方)


・デパス1mg(0.5mg×2)

寝る前
・デパケンR800mg
・ロゼレム錠8mg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。