So-net無料ブログ作成

診察の感想など。...文章化して体調の回復にしっかりと気づく。 [反復性うつ病・精神薬]

・なかなか更新出来なかった。ブログを書くことにあまり意味を見いだせなくなってきたか?今の自分の考えを文章化して頭の整理をすることは大事だと思うのだが...。あとから見返すこともできるし。無理にやってもしょうがないが、やらなくても意味がない。...あんまり考えすぎなくていいか。


・診察があったので自分の記録用に書く。一ヶ月間の体調の推移と診察の感想など。

---体調の推移---
・バイトを始めた。そうすると今まで「動かなきゃ・働かなきゃ」といった焦りがだいぶ楽になって、気持ちも少し穏やかになった。
・バイトには自転車で通うので、普段から自転車を乗るようにした。そうすると体力もついてきた。
・ただ、依然として疲れやすい。(体を動かすことは大丈夫だが、頭をつかうことをすると疲れる)。特に午前中の疲れやすさ・調子の悪さが目立つ。朝起きるとボーッとしてだるさが強い。そんな中活動していると、疲れる。午前中のうちにクタクタに疲れてしまう。



---感想---
疲れやすさ・集中力のなさが依然としてあるが、逆に言うと、それ以外の症状はほぼなくなった(気分悪化・鬱など)。バイトを始めたことによって、良い循環が出来つつある。

バイトをすることによって、プレッシャーだったり対人関係で調子を崩す人も多いらしい。だが、私の場合は「動かなきゃ・働かなきゃ」という漠然としながらも、着実に心の負担になっていた感情がスッキリ・穏やかになった。そう思えるということは、今までの対人関係などで自分に自信がついてきたことも大きい。先生に指摘された。デイケアに通っていたことも無駄じゃなかったな。

「とりあえずはバイトに慣れて、そこから学んでいこう」という目標が出来たおかげで日々の生活にハリが生まれた。

朝の不調も、デパケンが影響している可能性が高いということで、500mgから400mgへ変更(減薬)になった。デパスも眠気があるときは、包丁などで半分に切って服用することを許可された。(デパス0.5mgが最小のようだ)。

デパケンが減り、デパスを調節できるようになって、朝・午前中の不調、だるさがかなり改善した。お昼ごろになってもぐったりとした疲労感がない。

総合的に見て、かなりの改善が見られる。嬉しい限りだ。欲深い私はこの文章を書いていてやっと体調の改善にしっかりと気づく。どうしても不満点にしか目が行かないのが欠点だな(もっと集中したい。ゲームやネットサーフィンばっかりして、もっと勉強などしなければetc...)。

とりあえずはバイトの業務にしっかり慣れて、バイトをしっかりこなすことだけを考えよう。それ以外のことはそれが出来てからでよい。



---薬---


・デパス0.5mg(眠気が強いときは包丁などで半分0.25mgにするなど調節が可能)


・デパス0.5mg眠気が強いときは包丁などで半分0.25mgにするなど調節が可能)


・デパス0.5mg眠気が強いときは包丁などで半分0.25mgにするなど調節が可能)

寝る前
・デパケンR400mg

※朝にデパス0.25mg・昼にデパス0.5mg・夕にデパス0.25mgが今の体調にあっている。午前中はまだ体が減薬したのに慣れていないのか、体がソワソワ・ふわふわする感覚に陥る。離脱症状というものか。でも、その悪影響を上回る良い影響(集中力・だるさの向上)があるので、あまり気にしなくてよいだろう。そのうち体が慣れてくるさ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。